妊娠線予防 クリーム ランキング

MENU

妊娠線予防クリームの原理

妊娠してお腹が大きくなってくると出てくる妊娠線は、妊娠線予防クリームで大部分を防ぐ事が出来ます。

 

妊娠線が出来てしまうのは、大きくなってくるお腹に皮膚が耐え切れなくなり、真皮が裂けてしまう為に起きてしまうのです。肌の柔軟性が無く、固ければ固いほど妊娠線が出やすいとも言えるでしょう。ですから、妊娠線予防クリームで肌の柔軟性を保つ事が必要なのです。

 

昔は妊娠線の予防には馬油などの保湿成分が使用されてきましたが、現在では肌に良いとされる成分を豊富に含んだ妊娠線を予防する為の専用のクリームが沢山販売されています。

 

妊娠線予防クリームの原理としては、突き出たお腹の乾燥を防ぎ常に潤いを与えてくれる働きがあります。また、肌に柔軟性を与える為の保湿成分等も配合されていますので、常に柔らかい状態にしていてくれます。この原理によって乾燥や潤い不足による肌の硬化を防いでくれるので、妊娠線が出来にくい状態を維持してくれるのです。

 

妊娠線はお腹が急激に大きくなる、妊娠後期に良く見られます。ただ、お肌の保湿ケアは急に始めても十分な効果は得られませんので、妊娠が分かった時からしっかりケアしておく事が大切です。

 

きちんとケアしておく事によって潤いのある柔らかな肌をいつでも維持してくれますので、いきなりお腹が大きくなったとしてもある程度は妊娠線を防ぐ事が出来るでしょう。ただし、急な体重増加等で予想以上にお腹が大きくなった場合は予防クリームでしっかりケアしていても、妊娠線が出来てしまう場合もあります。

 

妊娠線が出来ない様にする為には、予防クリームと合わせて体重管理もしっかり行っておくと良いでしょう。

 

また一度できてしまった妊娠線に対しても、妊娠線予防クリームは意味があると言われています。妊娠線が消えない理由は、肌のターンオーバーに対するケアがなされていないから。しっかり肌が回復するために、うるおいを与えてあげることが重要です。

 

妊娠線を消す方法としても妊娠線予防クリームは利用されています。

妊娠線予防クリームの効果的な塗り方

「妊娠予防クリームを塗っているから大丈夫!」と思っていませんか?
きちんとケアしているつもりでも、間違ったケアを続けていると妊娠線が出来やすくなってしまいます。正しいケアをきちんと覚えて妊娠線を予防しましょう!

 

クリームの塗る量に注意!

妊娠予防クリームは、物によっては高額な事があります。だからって「勿体ないから…」と塗る量をケチっていてはいけません。それではお肌に十分な潤いを届けられずに、妊娠線が出来やすくなってしまいます。

 

予防クリームはやや多めに、たっぷり皮膚に塗り込みましょう。「ちょっと多すぎかな?」と思う量で丁度良いと思っておいて下さい。

 

クリームの塗る頻度に注意!

妊娠線予防クリームは、一日に何度塗っていますか?大半の方が「お風呂上りの一度だけ」と答えると思います。実は妊娠線をしっかり予防する為には、一日に一回では足りないのです。

 

特に乾燥する時期は、皮膚の乾燥を感じたらこまめに保湿を行う様にすると良いでしょう。妊娠線は皮膚が潤いを無くし、固くなる事で出来てしまいます。常に潤いを保っているお肌は妊娠線が出来にくいのです。

 

クリームの塗り方に注意!

適当にお腹にクリームをぐりぐり塗って、はい終わり!…ではありませんか?あまりぐりぐり力を入れてクリームを塗ると、肌に刺激を与えてしまうので妊娠線が出来やすくなってしまうのです。クリームを塗る時は優しく、刺激を与えない様にたっぷりのクリームを付けて軽くマッサージをすると良いでしょう。

 

また、クリームの水分が感じられなくなるまで、優しく丁寧にお肌に擦り込む事も大切です。

妊娠線ができる原理についても触れておきます

皮膚の真皮が急激な負荷に耐えられずに裂けてしまうと、赤黒い線となって体に現れます。これが妊娠線と呼ばれるもので、妊娠していなくても急激な体重増加によって出来てしまう「ストレッチマーク」と同じものになります。
皮膚の真皮の一部は伸びない性質があり、大きくなっていくお腹に耐えられずに裂けてしまうのです。

 

また、お腹だけでなくふくらはぎの裏や太ももの付け根等にも出来やすく、脂肪が付きやすい部分に出来る傾向があります。もちろん胸も脂肪ですので、妊娠によって大きくなればその分妊娠線も付きやすくなると言えるでしょう。

 

特にお腹周りに出来やすい原理としては、突き出たお腹が衣服等にこすれて乾燥し、潤いが減少しハリを無くしてしまう事が原因だと言われています。潤いが減少した肌は柔らかさを失い固くなりますので、皮膚が伸びずに真皮で裂けてしまう確率が高くなってしまうのです。これが妊娠線が出来てしまう原理となっています。

 

妊娠線を100%予防できるとは断言出来ませんが、肌に潤いを与えてハリと柔らかさを保つ事で高い予防効果を期待する事が出来ます。お風呂上り等、特に水分が蒸発しやすい時はこまめに妊娠線予防クリーム等を塗って保湿を心がけていれば、ケアを全くしない人よりは妊娠線が出来る確率が低くなるでしょう。

 

妊娠線を作らない様にするには専用の妊娠線予防クリームで妊娠初期からしっかりケアしておく事が大切です。特に妊娠後期は体のあちこちに妊娠線が出来やすくなっていますので、全身こまめに保湿しておきましょう!

更新履歴